クオンシステム株式会社  
 
HOME
製品紹介
導入事例
FAQ
お問合せ・資料請求
会社案内
製品紹介
 
今までSPDの市場には、物流、商流、情報、システムなど専門の提供業者が混在し、それぞれのサービスを提供してきました。病院様の立場に立つと、これらを統合するサービスはないも同然だったのです。
クオンシステムは医療物流を中心として、多方面の経験豊富な人材を集結し、医療現場にとって真に必要なサービスを提供するサービスベンダーとなることを目指しています。
 
ASP(Application Service Provider)とは―
 
各種マスタやシステム機能などを一元管理するASP事業者が、インターネットを利用してお客様にその機能を配信するサービス提供のことです。
クオンシステムでは、この仕組みを活用し、かつ各卸ディーラーに参加していただくことにより、院内におけるSPD管理から電子受発注に至るまでをトータルに管理する物流システムの構築に成功しました。

すでに電子カルテなど、他ベンダーのソフトウェアを導入済みである場合も、ご心配には及びません。クオンシステムでは、使い慣れたソフトとの連携も可能なシステム構築を行います。

「こんなことで困っているのだけど・・・」
どんな些細な問題でも、まずは弊社へご相談下さい。あらゆる状況に対応し、現場で働く皆様が一番使いやすい仕組みをご提案いたします。

 
ASP導入事例
図をクリックすると拡大表示します
ASP導入事例

インターネットを利用しますから、導入にあたって特別な機器をご用意いただく必要はなく、今このページを見ているパソコンがあればすぐにご利用いただけます。買取型SPDを導入する場合に発生する高額なシステム代金は、ASP型SPDならなんと無料(ASP月額利用料が必要です)。コスト削減のために、高い費用を支払うのでは意味がないと思いませんか?

 
ASP型物流システム導入によるメリット(従来システムとの比較)
  従来型パッケージソフト ASP型物流システム Medi-Tom2
システム費用 高額なソフト・サーバー費用 ASP月額利用料
ハードウェアは追加端末分のみ必要
システム環境 専用サーバー等の設備投資が必要 インターネット回線があれば即システム利用可能
バージョンアップ 別途費用が必要 ニーズに応じた新機能・サービス無償提供
  ・クラス分類
  ・ロット保存管理義務
マスタメンテナンス 各ユーザー側において作業が必要 全国共通情報はデータセンターが代行、配信
(償還価格・保険情報など)
※全国へ最新情報を一括配信
トラブル対応 現地での対応作業が必要
復旧までのタイムロスが大きい
データセンターが迅速対応
TEL連絡で同じ画面を見ながらの確認が可能
受発注方式 TELや発注書のFAXが必要 電子受発注によるオンライン処理
発注書不要、ワンクリックで全業者へ一括処理

手術の申し込みから術後記録までを一つのシステムで管理し、手術中にタッチパネルで材料や機械のカウントを行うOPE-TOM。カテ室の予約から実施情報まで一元管理して、施術・材料・薬剤などあらゆる情報を登録するKATE-TOM。新制度DPC(診断群分類別包括評価)導入で困惑する現場を助ける、患者別原価管理システム。煩雑でありながらミスの許されない薬剤部門専用プログラムPharm-TOMや、医療行為だけではない病院の支出までを、全部まとめて院内サーバで管理する支出管理システム・SPE-TOM。これらTOMシリーズを総称し、Medicalネット便と呼んでいます。

「こんなプログラムがあれば」という医療従事者の皆様や病院に出入りする業者様の声に答えるべく、長年にわたって入念なリサーチを行って開発した、部門に特化したプログラム群です。
これらを問題に応じ、自在に活用して下さい。あなたの病院は生まれ変わります。

 
Medicalネット便の相関図
図をクリックすると拡大表示します
 
製品の詳細はこちら
物品管理システム 通称:Medi-TOM
手術室支援システム 通称:OPE-TOM
カテ室支援システム 通称:KATE-TOM 支出管理システム 通称:SPE-TOM
薬剤管理システム 通称:Pharm-TOM 患者別原価管理システム
 
   
ページトップへ
 
 
| プライバシーポリシー | サイトマップ |