より快適な医療環境を支援する、システム企画、設計:クオンシステム株式会社

製品紹介

カテ室支援システム「KATE-TOM」

総合病院でもっとも預託品総額が高いといわれる、カテーテル室。この部門のコスト管理は、病院全体の合理化のために欠かせません。カテ台帳および放射線台帳の管理をメインとしたKATE-TOMにより、カテ材料の実質登録、資材、薬剤、フィルム等の患者別使用実績管理をサポートし、在庫金額・購入金額をトータルで20%削減した実績があります。

病院物品管理の現状

施術・検査実績からカテ台帳・放射線台帳を作成します。

カテ室の予約から実施情報の登録までを一元的に管理し、台帳や実績伝票等に反映することができます。

EAN-128コードの活用

一般材料や薬剤、照射情報を入力するほか、使用したカテーテルのバーコード(EAN-128)を読み取ることにより、生物由来クラス分類を見据えた施術情報を登録・管理できます。一施術での複数部位情報の登録も可能です。

物流連携

Medi-TOMとの連携により、使用したカテーテル、一般材料の補充(発注)が同時に行え、安全かつ適切な在庫確保が可能です。

カテ室ごとの予約状況の確認および予約登録が行えます。

カテ室ごとの予約状況の確認および予約登録が行えます。

施術中、または施術後に使用したカテーテルまたはその他の情報を登録します。

施術中、または施術後に使用したカテーテルまたはその他の情報を登録します。

患者別実績伝票

患者別実績伝票

システム導入後の操作方法や各種御問い合わせは、カスタマーサポートをご利用ください。
■ カスタマーサポート
フリーダイヤル:0120-410-621